レンタカー規約(補足)

ご使用にあたっての注意事項:補足

禁止事項について警告事項ペナルティ(罰金・罰則)についてキャンセルについてお支払いについて
車内備品と持参品についてペットについて事故・故障・交通違反時についてその他注意事項


~これから読んでいただく規約は「当たり前」と言われる方が多く、
当然の事しか書いていません。
しかし、お守りいただけない方も残念ながらおりますので、自己防衛の内容です。~
これをお守りいただけないと、「貸し出しはご遠慮頂いております」という内容です。
きちんと使ってきちんと返却するお客様には何も難しいことのない規約です。


禁止事項について

  1. 飲酒運転は絶対禁止です。出発前の飲酒も禁止です。
  2. [2019年6月6日追記]
    (例)楽しくて朝まで飲酒してしまいそのまま出かけることになり運転する。
    これは立派な飲酒運転です!
    体内アルコールは短時間では抜けません。
    仮眠をとったからと言って油断をすると大きな事故を引き起こします。
    「飲酒運転によるペナルティー」はとても大きいものです。
    飲酒運転による事故が発生した場合は損害賠償請求、名誉棄損を行います。ご注意ください。
    飲酒運転による事故は保険適用はありません。
    お酒は、泊地でゆっくりと楽しく飲みましょう。
  3. 車内は禁煙です。加熱式などの全てのたばこも禁止です。いかなるものも禁止です。
    喫煙は、休憩時に喫煙は決められたところで喫煙してください。
    喫煙される場合は、車外で喫煙後、45分ほど経ってから車内にお戻りください。
    受動喫煙防止、呼気からニコチン等の有毒が出て車内に付きます。必ずお守りください。
  4. 車内でのお料理は禁止です。火を使う際は、頭上に何もない状況で、車外でお願いいたします。
    ただし湯沸かし器などの使用はOKです。料理のみの使用は、車内に匂いが移ってしまうためです。
  5. レンタカー内で正規品以外での充電器の使用は禁止です。持ち込みも禁止です。
  6. 車内に、正規(メーカー)以外の粗悪充電器が問題で火災事故を防止するために、
    レンタカー内で正規品以外での充電器の使用は禁止です。持ち込みも禁止です。
    落とした落下衝撃で火災事故も発生しています。
    持ち込んでしまった時は、使用、充電禁止です。火災が起きてしまった場合はお客様負担出の弁償になります。
    必ず!お守りください。同乗者にも周知してください。
    必ずです。よろしくお願いいたします。
  7. 居眠り運転は絶対禁止です。
    寝れる車なので、車中泊のできる道の駅などに停車し十分に休んでください。
    また運転中に眠くなりそうな際は事前にミントタブレットなどを用意しておくと、眠気防止につながります。
  8. お子様・ペットの車内放置は絶対禁止です。
    ドアをロックしエンジンをかけたまま車内放置されたお子様が「ギア」を触ってしまい走行してしまい事故を起こしてしまったなどという事もあります。
    子供やペットはついうっかり、いろいろと触ってしまいます。
    必ず、大人が付き添っていてください。
  9. スピードの出し過ぎは厳禁です。当社規定は時速90km未満です(高速道路)。
  10. 反社会勢力のお客様(関係者、親族)等に貸し出しはできません。[2019年7月22日追記]
    反社会勢力のお客様に貸し出しをしまして、事故等が起きた場合、加入の保険では保証されません。
    「貸し出しの際保険料を支払ったはず」と言われましても対応できませんので、ご理解ください。
    なお、起きてしまった事故は、対人、対物(相手に対しては)は保証しますが、当の本人、同乗者には保証されません。
    また、飲酒、薬物、てんかんなど「申告ナシ」での貸し出しで事故等を起こした際も、上文で述べた内容に同様の対処になります。
    以上の内容をご確認頂いた上での貸し出しとなりますのでご了承下さい。
  11. 運転中のながらスマホは厳禁です。[2019年7月22日追記]
    2019年5月28日の衆院本会議で、道路交通法の一部改正案が可決され、改正案が成立しました(公布は6月5日)。
    運転中にスマートフォンなどを使用していて交通事故などの危険に結びついた場合、「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」に引き上げられました。
    すべて刑事罰が適用されることになります。違反点数も6点となりますので、即免許の停止処分を受けます。
    また、運転者がスマートフォンなどを運転中に使用した違反では(保持)、「6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金」と懲役刑を新設して、反則金限度額も5倍に引き上げられます。
    反則金などの支払いを拒む運転者には実刑適用もあり得ます。
    さらに、携帯電話等を使用して交通の危険を生じさせ、交通事故で人を死亡させたり傷つけた場合は、免許の効力仮停止の対象とされます。
    (※反則金限度額と実際の反則金についてはこちらを参照してください)
貸し出しの規則は、必ずお守りください(貸出時、確認いたします)。
守っていただけまませんと事故が起きる恐れが拡大しますし、また、けがのリスクも増大いたします。

禁止事項についてに戻る

 

警告事項

  1. サイドブレーキ(駐車ブレーキ)はきちんと解除して走行してください。
    守っていただきませんと、走行中の熱、ブレーキ作動したまま走行の熱でブレーキオイルが沸騰し、ブレーキが利かなくなります。
    この規則違反に関しての事故は保険を使用しますが、それと同額+ペナルティー(損害賠償)をプラスした請求を当事者にいたします。
  2. 駐車する時は、「P(パーキング)ギア」に入れて、駐車ブレーキもきちんときかせてください
    坂道などでブレーキかけ忘れによる事故も、「故意の事故+規則違反」として同様の保険費用同額請求とペナルティー(損害賠償)をプラスしてご請求いたします。
  3. 1号車、2号車とも「FFヒーター」が装備されていますが、作動時は温度設定を15度のまま作動や、23度の作動などは禁止です。
「暑ければ停止。寒ければMAX(35度)で作動」です。
暑くなれば作動を止めてください。停止時白い煙が出ますが停止した証拠です。火災ではありません。
必ずお守りください。上記を守らずに故意的に故障の原因を招いた時は、「オーバーホール代(税抜き)」をご請求いたします。
返却時に当社は確認しています。きちんと作動するか?もしも不具合が発生の際は、直接お客様の住所に請求書を送らせていただきますのでご了承下さい。

 

このように装備品につきましての間違った使われ方が多発しております。
これは任意保険では事故ではありませんので支払われません。よって使用のお客様の故意の故障に値します。
使い方が分からない時は必ずご連絡ください。決して勝手に対応しないでください。故意によって故障も同様です、併せてご注意ください。
問題が起きても報告無い状況で返却されるので、規定がどんどん増えてしまい、お客様の規定もだんだん増えてきています。
守って、協力して、大切に使えば規則は「緩和」されますが。。。。。
「報告、連絡、相談」でお願いいたします。

 

警告事項についてに戻る

ペナルティ(罰金・罰則)について

  1. 車内は禁煙となっております。
    タバコの火による「焦げ」(床・シート等全て)が発覚した際は張り替え作業の請求をいたします。
  2. ノンオペレーションチャージ同様です。清掃。落ちない時は張替作業に入ります。
    併せてご予約が入っていたお客様に対しての損害賠償で利用金額同等のお支払いを弁償することになります。
    また、重大な焦げ損害に対しては、シート交換代金も合わせてご請求させて頂きます。
    喫煙による損害に関しましては、保険は使用致しません。規定義務違反として、損害賠償責任をお願いいたします。
  3. 交通違反(レンタカー乗車にて)を起こした場合、返却時、または処理後ご一報「告知義務」をお願いいたします。
    もしも、告知義務違反をされた場合、返却後、問題が発生した際は「告知義務違反のペナルティー」としまして利用総額の倍額「ペナルティー料金」請求をさせていただきます。
  4. 飲酒で道路交通違反が起きた場合も、利用総額の倍額「ペナルティー料金」請求をさせていただきます。レンタカーは当社名義なので当社にも連絡が入ります。
  5. お客様の故意による事故・盗難・故障・汚損等を起こされ、車両の修理・清掃が必要となった場合は、その期間中の営業補償として下記金額をご負担いただきます。自走できず、予定の場所に返却されなかった場合は別途料金がかかります。
    1日当たり20,000円(税込)×休業日数+キャンセル費用保証
  6. 万が一申告なくペットの同乗が確認された場合、クリーニング代として利用料金の50%を請求いたします。
    ペット同乗の許可があった場合も、ペットのおもらし、嘔吐、足跡などありましたら1日当たり20,000円(税込)×休業日数+キャンセル費用保証をご請求いたします。
  7. お客様の故意による車内の備品の破損、紛失は個人負担の弁償に値します。保険修理ではございません。ご理解ください。
  8. 車載トイレの処理を行わずお帰りいただいた場合は、処理を当社で行いますので、別途料金をいただきます。郵送で請求書を送りますので、お振込み下さい。(振込費用はお客様負担です。)
  9. もしも申告、告知なし等の悪質な行為が認められた時や、隠ぺい、その他酷い使用とみなされる状態(車内汚染等)などがあった時は、最悪の手段としましてお客様に車両をお買上げいただく場合もございますのでご了承下さい。

 

ペナルティ(罰金・罰則)についてに戻る

キャンセルについて

  1. ご利用、ご予約日程から逆算して

    [1] 1か月前からのキャンセル料金は10%(ご利用金額の)徴収いたします。
    [2] 3週間前からのキャンセル料金は20%
    [3] 2週間前からのキャンセル料金は30%
    [4] 1週間前からのキャンセル料金は50%
    [5] 1週間前~5日前までのキャンセル料80%
    [6] 5日前~2日までキャンセル料金は90%
    [7] 前日、当日キャンセル料金は(準備費用も加わりますので)100%です。

    ただし、3日前までに予定変更(日程をずらす)のご連絡を頂いた場合には、キャンセル料金はかかりません。この場合、ご予約料金はキャンセル時に前払いにてお振込みいただき、必ず変更後の日程をご予約ください。(でないと何年後でも良いということになってしまい、予定を入れないまま「音信不通」となってしまうのを防止するためです。ご理解ください。)
    予定変更をしたい日が他のお客様でご予約済みの場合や、日程の2日前以降にキャンセルの場合、予約変更は出来ず、キャンセル料が発生します。ご了承ください。予定変更は改めてご予約ください。その場合予約は優先できますように努力はいたします。
    [2019年6月6日追記]
    ・予約変更は、実施日から3か月以内です。それを過ぎますと変更受付を抹消いたします。再度予約、料金が発生いたします。
    ・連絡時の時間、日付をまたいだ時点で変更になります。ご注意ください。
    ・キャンセル料は、即お支払いください。入金が遅れますと再度、追加金(キャンセル完了していません)をご請求になります。


    キャンセルにつきましては、キャンセルの連絡時間が基準になります。
    午前8時以降は次の日の連絡に該当しますのでお気を付け下さい。メールも送信時間基準です。
    (その場でメールが確認できなくても、送信時間で確認できます。)
    あくまでもキャンセル料金をお振込みいただき。確認が取れて正式な「キャンセル完了」です。
    キャンセル後3日以内にキャンセル料の入金が確定されない時はキャンセルなしとみなし、続行しまして100%のキャンセル料に該当しますので、ご注意ください。
    なおキャンセル料の振込手数料はお客様負担です。併せてお注意ください。
    キャンセル費用を再度確認してください。予定変更の件は、入金確認後お願いいたします。
    再度確認、完了、ご入金などのメール、電話をいたします。

    (振込口座)
    足利銀行 鬼怒川支店 (普通口座)
    5026114 株式会社モービルトラベラー

    口座入金処理後確認するため、お電話にてご報告ください
    (フリーダイヤル)0120-056667まで 24時間受け付けます。(転送あり)

    振込が遅れた場合(土日、祝日)は必ず入金予約処理を行ってください。
    週明けに必ず朝一で確認します。そこで入金確認できない時は「キャンセル完了」とはみなせず
    入金日原則で処理いたします。100%キャンセル料金になるおそれがございます。ご注意ください。
    必ず、お電話にてご連絡、了承、確認を密にいただけますでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    2018年8月29日キャンセル料金改定
    キャンセルについて1週間前からの料金発生しても開いた穴は塞がりません。
    いきなり必要になった方以外入りません。
    せっかく前に入ったがキャンセル待ちがあればいいが埋まらないので、変更させていただきました。ご了承ください。

 

キャンセルについてに戻る

お支払いについて

  1. レンタカー利用料金の精算は、クレジットカートの支払いは可能ですが、すべて1回払いの請求です。分割は出来ません。
    併せて、1回のご利用に対して利用金額の10%手数料が別途かかります。現金の方が余計な費用が掛かりませんのでお得です。

 

お支払いについてに戻る

車内備品と持参品について

  1. キャンプチェアー、テーブル等は各自ご持参ください(衛生対策に基づき、貸し出しは行っておりません)。グラス、食器、料理(食材)も、各自ご持参ください。
    なお、炊飯器、テーブル、イス、食器等のレンタルは全ていたしておりません。お客様ご自身でお持ちになるか、キャンプ場宿泊の際は、レンタル依頼を事前に依頼してください。衛生上問題(O-157等)が有りますので、当社では食器等のレンタルを行っておりません。
  2. 飲み物等を忘れても、当社のお隣に「ファミリーマート」がございます。ご安心ください。
  3. バーベキュー等を行う際は、すぐに焼けるように事前に下ごしらえしてからキャンプに行かれることをお勧め致します。(衛生面からしましても、「食中毒」「O-157」などの対策になります。)
  4. キャンピングカーなのですが、レンタカーですので、車内でのお料理はご遠慮願います。皆様が使用する車です。車内に匂いが付いてしまいますので、ペット同乗の方にもお願いいしています。何卒ご理解くださいませ(カセットコンロをご持参ください)。
  5. 火を使う際は、頭上に何もない状況でご使用、車外でお願いいたします。キッチンが付いてるからといって車内でやろうとしないでください。調理は外でお願いいたします。
    併せて注意ですがサイドオーニングを出しての調理もご遠慮下さい。火を使用しますとオーニングテントが溶けてしまいます。溶けると収納できなくなり走行できなくなります。併せてご注意ください。
    どうしても料理をやってみたい時は、是非ご自身でキャンピングカーを購入してください。
    ご自分のお車であれば、何も問題ございません。
  6. 就寝用は各自寝袋をご持参ください。暑いときは、タオルケット(式、掛け)2枚をご準備ください。もしくは、冷感シーツをご準備いただくと快適にお休みいただけます。
  7. 就寝の際の飲み物の扱いにお気を付け下さい。こぼしませんように。
    キャップ付きペットボトルのご利用が好ましいと思われます。
  8. 小さいお子様は、おねしょ等心配な場合には就寝用に紙おむつをご準備ください。汚れてしまいますと清掃料金が別途かかりますのでご注意ください。
  9. 皆さんお忘れなのが「常備薬」です。腹痛、下痢、頭痛、発熱など自宅にある薬、などはお忘れなく。
    また、事前に行かれる場所の近隣の「病院」などの場所を調べておくことも忘れなく!!
  10. 車載トイレはご自由にご利用下さい。ただし、返却前に客様にてタンク処理、便器掃除をお願いいたします(当社にダンプステーション(汚物処理タンク)があります)。
  11. レンタカー内で正規品以外での充電器の使用は禁止です。持ち込みも禁止です。

 

車内備品と持参品についてに戻る

ペットについて

  1. ご利用料金に20%加算で、ペットを同乗させることができます
    ペットの同乗は必ずご申告ください
  2. ペット(ワンちゃん)同乗のお客様は、お出かけ前に「毛抜け」を少しでも防止するため「シャンプー」をお済ませください。
  3. ワンちゃんが同乗の方は、パーキングの「ドックラン」をうまく使い、トイレ等、水補給を行って「熱中症」を防止してください。
    また、車から降りるときもご注意下さい。夏はアスファルトが80度以上となる時もあります。芝生まで抱っこしてあげてください。

 

ペットについてに戻る

事故・故障・交通違反時について

  1. 事故・故障の場合、「告知義務」がございます。必ず申告してください。もしも申告せずお帰りいただきましても、問題再確認のため当社にお戻りいただき確認いただくようになります。もしくは、当社にて修理を行い、請求書を郵送させていただき修理代お支払いいただきます。ご注意ください。
  2. 交通違反(レンタカー乗車にて)を起こした場合も、返却時、または処理後ご一報「告知義務」をお願いいたします。
    もしも、告知義務違反をお越し返却後、問題が発生した際は「告知義務違反のペナルティー」としまして使用料金の倍の請求をさせていただきます。
    何卒、ご注意いただければ何も問題のない規定、罰則です。
    不注意による事故を防止撲滅するための対策の一環です。何卒お理解くださいませ。
  3. 地震原因の津波、地盤沈下、塀、家屋の倒壊など地震の原因による損害は、現在の自動車保険では、保証対象ではありません。保証されても50万円までです。地震損害保険には加入済みです。

 

事故・故障・交通違反時についてに戻る

その他注意事項

  1. 使用時(夜間、営業時間外)も使用に関してわからない事がございましたら、ご連絡いただければお教えいたします。(フリーダイヤル:0120-056667
    「借りたはいいけど、なんだか分からなかった」を解消いたします。
  2. わからないことは、わからないままにせずご質問連絡ください。そして、今後(もしも購入したら?)の参考にしてください。
  3. せっかく旅の思い出に泊まるので、1回だけの試しでなく、3回以上レンタルしますと、仕様もわかってきて楽しみ方倍増です!是非!
  4. 起きる前に注意喚起!皆様へ!
    ご利用いただいた旅行先の最寄りの病院、薬局、「ハザードマップ」は確認してからご旅行に行ってください。とても大切なことです!
    なぜか?といいますと緊急連絡は地元の人には連絡が入りますがキャンピングカーでの旅行は地元の連絡係りがいません。
    「地震が起きたら、どこへ逃げよう!」「すぐ出発出来る用意はして寝よう!」など安心ししきるのは、もっとも危険!です。当社としても安心して、楽しく、無事に帰ってきてほしいです。
    是非!ご協力ください。
    危険な旅行先にはいかないように、注意してください。
    必ずハザードマップ、車両の鍵管理(すぐに脱出を!念頭に置いて)怠らないように。
    先に申し上げておきます。
    お客様の管理下に御座います。よろしくお願いいたします。
  5. お貸ししました、車両の鍵はセットになっています。紛失しませんように、きちんと管理してください。
    紛失の場合、鍵セット(海外の鍵です。)、+キーケースも弁償になります。ご注意ください。
    紛失しますと、保険では支払われなく、全て(スペアキーお届け費用(当社)、出張料)等が全て現金でのご請求になります。(カード支払い使用はお断りいたします。)

その他の注意事項についてに戻る

走行時の注意事項

  1. 運転者は、同乗者の安全も任されていますので、安全運転につとめてください。貸し出しの際資料保管のため免許証のコピーをいただいております(お客様の個人情報は当社にて厳重な管理をいたします)
  2. 道中常に「ガソリンスタンド」を見つけたら「早め給油」を心がけてください。その先にはスタンドがないかもしれません。。。。。
  3. 車体の高さがありますので、並木道や樹木の脇を走行時は注意してください。側面が傷つきます。
  4. 傷つけてしまった場合、修理に時間がかかります。
    修理に関しては、料金に保険、修理代は含まれています。
    しかし休業補償、次の方の損害賠償等は含まれていません。
    この保証は、借主に請求されます。普通に注意して使用すれば何も問題はございません。
    本当にご注意ください。皆様で協力しあって楽しくいつまでも使用できるようにしてください。
  5. カーブや曲り角の内輪差を気を付けてください
    (カーブミラー、電柱を破損してしまいます。現在はいろんなところにカメラがございます。後日発見され弁償ということもございます。ご注意ください)
  6. 立体駐車場には「基本キャンピングカーは入れません!」
    入口に2.1m、1.9mなど車高が示されています。破損のおそれがあるので入らないでください。
    (青空駐車場も入口に飛び出た屋根が少し出ていることがありますここにも注意です。入れません。)
  7. トンネルを通過時も注意です。3.5m記載があれば走行可能です。
    普段通っていたから、「通れるだろう。。。。」は無理です!走行できません、迂回してください。
  8. 商店街や町中を走行時も(慣れていません。間隔が違います。夜間は特にです!)、徐行(時速10km/h未満で走行)です。
  9. 細い道も注意してください。山などは道が(夜間。道幅など分からずに転落など)狭く通れると思った。。。はお辞めください。
    必ず車から降りて目視をまめに行い、同乗者が居れば皆で確認して回避してください。
    この時下だけでなく、上、側面も注意してください。
  10. 車内で就寝出来るようになっていますので、眠気に耐えられない時は、休憩の出来る施設に車を止め、仮眠を取るようにし、予定時間に間に合わない時は連絡ください。疲労時に、強い西日に向かって走行していると知らずに眠ってしまうことがあります。延長代金はかかりますが、事故を起こして大変なことになることが防止できます。
  11. サイドブレーキ(駐車ブレーキ)はきちんとかけてください。停車したら、駐車ブレーキをかけて駐車してください。走行前にサイドブレーキをきちんと「解除」してから走行してください。(2019.5.1追記)
  12. 走行中!前から「逆走車なんて来ないよ!」という過信は今の時代通用しません。
    一番危険な車線は「追い越し車線です!」追い越し車線は原則!走行しないようにしましょう。
    「スピードを上げる必要ありません!ゆったり旅行する車です。減速すれば事故の確率、危険防止にもなります。」(2019.6.6追記)
オートマチックギアに関して、ですが駐車の際はきちんと「P(パーキング)」に入れる。
ぜったい「N(ニュートラル)」は禁止です。坂でそんなことしますと車が勝手に走行します。そのような方はきっと「駐車ブレーキ」も使用しないでしょう。
「D(ドライブ)」での走行し、「R(リバース、バック、後退)」の時はきちんと前進が停止したら「シフトチェンジ」です。
最近、「DからRにまだ走っているのにギアチェンジ」が見られます。
返却後きちんと見ています。わかるようにしてあります。ご注意ください。
(ちなみにミッション交換は65万円です。事故ではないので保険使用出来ません。故意による規定違反です。ご注意ください。)

 

走行中は警告サイン(黄色ランプ)危険ランプ(赤のランプ)を確認してください。
確認していないということは、「スピードメーター」を確認せず走行しているとみなされますよ。
その規則違反の事故に関しては、一切保証されませんし、車両も弁償です。(ちなみに450万円+諸経費+整備費用(貸し出すに当たりメンテナンスが必要)です。)
事故車は購入していただきます。けがに対する保険、相手がいる場合は損害賠償相手がいる場合なども全てお客様にご請求させていただきます。(ローンは使用できません。一括払いです。)
以上のことを改めて御忠告させていただきます。
問題のない方には何にも関係のない方ですが、今後予想される当社に対する損害に関して改めてご忠告させていただきます。

 

片側車線が渋滞している車線を走行する際は、間から車。子供。自転車、老人が出てくると想像しながら「注意力を働かせながら」走行、減速してください。
もしも後続車にあおられそうなら、その方を先に行かせて走行するくらい配慮してください(当社、次のお客様、車両)。
必ずお守り下さい。
もしも起こした場合は、最悪の手段としましてその車両をお買い上げいただきます。「相場400万円です。」
ご注意ください。
スマホ、ナビを見ていたなんて理由になりません。
「慣れない車両で、慣れない道を、不慣れな環境で」走行しているのです。よく認識ください。(2019.6.6追記)

 

 

皆さん注意しましょう!
注意しなくてはいけないので「スピードは 時速90km未満での走行を厳守」です。

スピードを上げるとエンジンも高温に、それに伴い摩擦抵抗が上がったタイヤの高温、スピード上げれば、エンジンが冷える訳ではないのです。余計に高温になります。
そして急げば、車を破損して道路に落下物を落とす!後続車が事故!大変なことになります!
本当ですよ!ちょっとした不注意!もしも自分が後続車なら?「まさか高速道路(時速100km)を走行してたら、あんなものが落ちているなんて?」なのです。さらにまさか前方から(追い越し車線を)逆走車が!
エアコンの配管にも高温が加わり、エアコンにもダメージが加わります。

「絶対!時速90km以内での走行です。」
「シートベルトは必ず締めてください」
「轍は走行しなくてはならない時は、さらに減速です。」
「事故を防ぐため、ゆっくりでいいです!」
 
ただでさえ高さ、幅もあり安定感は低いのに何故?スピードを上げるでしょうか?
物理の法則を良く思い出してください。
スピードを上げて、「急ブレーキ!」すると積載物も追って衝撃が来ます!
~そして安定感麻痺しハンドル操作が出来なくなり~横転~車体は(FRP素材です)。車体は「バラバラです!」
「スピードさえ押さえていれば。。。このようなことは無かった。。。」という後悔しないように。
本当に注意してください!「注意1秒、けが一生」です。(2019.6.6追記)

★キャンピングカー事故についてのブログ記事はこちら★

 

 

 

レンタル中、絶対にしないで下さい!~お子様の車内放置~

走行時の注意事項についてに戻る

お申し込み、お問合わせは…
メールまたはお問い合わせフォーム
フリーダイヤル0120-056-667まで

メール・送信フォームに関しては、折り返し料金等をご連絡致します。
お電話は、レンタカーの受付時間24時までOKです
それ以外の時間は、メール・送信フォームにて申込、ご質問お待ちしています。

もしもメール・送信フォームで送信して1日経過しても連絡が無い時は
フリーダイヤル0120-056-667までご連絡ください。
(常に転送されます。ご安心ください)